麻布十番で豊富なお酒と料理をリーズナブルに

DiningBar Hidden Lounge 麻布十番

 03-5545-5838

ホワイトオーク地ウイスキーあかし

投稿日:2019/04/22 更新日:

「あかし」シリーズの定番「ホワイトオーク 地ウイスキーあかし」は、江井ヶ嶋酒造が造り続ける伝統的な地ウイスキー「ホワイトオークウイスキー」の歴史を受け継いだもの。日常的にたのしめる、お手ごろ価格のスコッチタイプのブレンデッドウイスキーです。お手ごろといっても、厳選したイギリス産麦芽を100%使用して、華やかな香りを実現しています。
兵庫県明石市の蔵元「江井ヶ嶋酒造」。名前の通り、明石の地ウイスキーが同商品です。明石の蒸留所で蒸留・貯蔵熟成させた、スコッチタイプのブレンデッドウイスキーとなっています。

1.メーカー

江井ヶ嶋酒造株式会社

2.蒸留所

「江井ヶ嶋酒造ウイスキー蒸留所」
兵庫県明石の江井ヶ嶋酒造がウイスキー製造免許を取得したのは1919年。新たな蒸留所が竣工したのは1984年。スコットランド地方の様式を取り入れた蒸留所は小規模ながらモルト原酒に拘ったウイスキーづくりを行っている。
現在利用されているポットスチルやウォッシュバックは1984年に導入されたもの。後に熟成庫は別の建物へ移設されることになるが、当時は熟成を含めた製造のすべての過程が一つの建物に収まっているという蒸留所としてはユニークなレイアウトを採用していた。当時の蒸留棟は1988年以降熟成庫として今なお使用されており、瀬戸内海の独特の気象条件がウイスキーの味わいに大きく影響を与えているという。

3.商品名

ホワイトオーク地ウイスキーあかし

4.特徴

華やかなモルトの香り。淡麗でやや辛口。気軽に飲める地ウイスキー。

連続式蒸留機が生む甘い香りとなめらかな口当たり、英国産麦芽100%を原料に造ったスコッチタイプのブレンデッドウイスキーです。 モルトの香り華やかに、淡麗でやや辛口な気軽に飲んでいただける明石の地ウイスキーです。 ロック、ハイボールなど最適です。
グラスに注いで香りをかぐと、アルコールの刺激が強めですが、その奥からはトーストにした食パンに似た香りを感じます。
口に含むと、先ほどの香りが強くなり、ラムレーズンや麦チョコのような甘い香りも感じられます。
味わいも全体的に甘めで、ストレートでもそれほどきつさを感じません。
ロックにして加水されてくると、ピートの持つスモーキーさが広がるようになり、味わいも酸味が加わって複雑に絡み合ってきます。むしろ加水したほうが飲みごたえが出てくる雰囲気があります。

香り:ラムレーズン、トーストした食パンの香り。加水するとスモーキーさも出てくる。
味わい:全体的に甘め。加水すると酸味も出てくる。
タイプ:ブレンデッド
原材料:モルト、グレーン
アルコール分:40%

5.受賞歴

現時点では受賞歴はありません。

6.価格

参考小売価格:500ml  1,092円(税込:1,180円)
通販やネットオークションでは定価に近い1,000円前後の価格で販売されています。(2019年3月16日時点)

DiningBar Hidden Loungeでの提供価格

「DiningBar Hidden Lounge」では、このウィスキーを
45ml:700円
にて提供しております。

7.まとめ

スイスイとすすんでしまう飲み口が特徴です。ロックでたのしむと熟したフルーツのような香りとコクのあるまろやかな甘味がいっそう際立ちます。
飲みやすいハイボールにしてもその印象が弱まることはありません。さわやかさのなかに芯を感じる「あかし」ならではの個性を十分に味わえます。
江ヶ嶋酒造が自信をもって造り続ける「あかし」は、本場スコッチスタイルの手法を守りつつ、日本酒の伝統的手法を取り入れた個性豊かな地ウイスキー。舌の肥えたウイスキー通も納得できる一本といえるでしょう。

-国産ウイスキー

Copyright© DiningBar Hidden Lounge 麻布十番 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.